乾燥肌対策にはヒアルロン酸

保湿を入念にする女性
肌の乾燥は肌荒れや老化を促進してしまいます。だからこそ、乾燥肌対策はスキンケアの基本ですよね。乾燥肌対策のためには保湿成分の高い化粧品を使ったスキンケアが効果的ですが、中でも保湿力の高さで知られているのがヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は細胞間および組織間をつなぐ粘度の高い結合物質で、ムコ多糖類の一種です。もともとは眼球の中の硝子体の成分として発見されたものです。皮膚や筋肉、軟骨を構成する主成分で、細胞と細胞とをつなぎ合わせる役割を持っています。ヒアルロン酸は非常に高い保湿性と水分保持力を持っています。眼球はその99%が水分で出来ており、これだけ多量の水分を維持できるのがヒアルロン酸の働きによるものなのです。この保湿性と水分保持力の高さから、ヒアルロンはさまざまな化粧品に配合されています。

ヒアルロンは肌の真皮といわれる肌の内部に備わっており、肌の弾力を保持する役割を持っています。しかし加齢とともに減少していくため、肌は次第に水分を保持することができなくなり、ハリや弾力を失っていくのです。

ヒアルロンが配合された化粧水やクリームを使っても、この真皮にまでヒアルロンを届けることはできません。ヒアルロン酸の分子は大きいため、肌に塗っても肌の外側にある角質層より深くへは浸透することができないのです。では、ヒアルロン酸の配合された化粧品の効果とは何なのでしょうか?それは、角質層の水分の蒸発を防ぐことです。これによって肌を乾燥から守るとともに、小じわの予防や改善、肌を刺激から守るバリア機能を強化するといった効果が期待できます。最近では、肌の奥深くまで浸透できる分子の小さなヒアルロン酸も開発されています。スキンケア化粧品を選ぶ際には、成分の特徴にも注目して選ぶといいでしょう。

ヒアルロン酸は、化粧品だけでなくサプリメントからも摂取することができます。普段のスキンケア方法やライフスタイルに合った方法で効果的に取り入れたいですね。

唇の乾燥対策にヒアルロン酸注入!

高い保湿力と水分保持力でさまざまな化粧品に配合されているヒアルロン酸ですが、肌の表面に塗るだけでなく、直接お肌に注入するという方法でも広く用いられています。特にここ最近良く耳にするのが、唇へのヒアルロン酸注入です。これによってどのような効果が得られるのでしょうか。

この施術は多くの場合、薄いリップをぽってりとした厚みのあるリップにするという目的で行われます。うるおいのある厚いリップは、セクシーさもありキュートさもあり、特に欧米の女性には非常に人気があります。しかし、ヒアルロン注入は理想的な形の唇になれるというだけではありません。ヒアルロン酸は保湿力が非常に高いため、唇の乾燥も防ぐことができるのです。直接唇に注入するため、ヒアルロン酸が配合されたリップクリームよりも高い効果を得ることができます。唇が乾燥しやすい方、唇の縦ジワが気になる方にはおすすめです。

体内に直接注入する、というと少し怖いと感じる方もいるかもしれません。しかしヒアルロン酸はもともと人間の身体に備わっている成分なので、アレルギーを発症する心配はほとんどありません。また、施術も10分程度と簡単で施術後に腫れや痛みを感じることもほとんどありません。ただし注入したヒアルロン酸は半年から1年をかけて徐々に体内に吸収されていくため、年月がたつと形や保湿力は元に戻っていってしまいます。通常ヒアルロン酸の効果は数ヶ月間持続すると言われていますが、形や潤いを保持するためには、定期的に施術を受ける必要があります。また、いくら安全な方法とはいえ副作用反応が全く無いとは言い切れません。唇には細い血管が数多く通っているため、ヒアルロン酸注入時に内出血を起こす危険があります。また、あまりに大量に注入してしまうと唇が大きくなりすぎる危険もあります。施術前に必ず自分に合った注入量や回数、施術内容などを、信頼できる医師にしっかりと相談しましょう。

ヒアルロン酸で頭皮の乾燥を改善!

ヒアルロン酸というと、保湿化粧品などに配合されており美肌のための成分というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?実はヒアルロン酸の持つ高い保湿力と水分保持力には、育毛効果も期待できるのです。

頭皮は顔や身体と同じように、潤いを失うと乾燥して傷つきやすくなります。頭の表皮の角質層が乾燥すると、乾燥した角質が皮膚から剥がれ落ちてしまいます。これがフケです。頭の表皮にヒアルロン酸を塗ることで角質層に十分な水分が保持され、フケを防ぐことができます。また、髪の毛の成長に欠かせない水分も確保することができます。

ヒアルロン酸には保湿力と水分保持力のほかに、潤滑作用もあります。これは水分を保持することで外部からの衝撃を吸収するクッションのような役割を持ちます。人間の関節の軟骨にはヒアルロン酸が含まれており、この潤滑作用によって関節がスムーズに動くようになるのです。この潤滑作用が頭皮で働くと、頭皮が柔らかくなります。頭の表皮が硬くなると発毛を妨げると言われているため、育毛にはヒアルロン酸の潤滑作用が欠かせないのです。さらにこの潤滑作用には、古くなった角質や脂質を排出する働きもあります。古くなった角質や脂質が頭皮の毛穴に詰まると正常な発毛が阻害されてしまうため、これらをスムーズに排出するためにも頭皮へ適度なヒアルロンを補給することをおすすめします。

頭の表皮へヒアルロン酸を補給するには、ヒアルロンが配合された育毛剤などを使用するのが一般的です。育毛剤に含まれるヒアルロンには、頭の表皮の乾燥を防いで潤いを与え、頭皮環境を改善する効果があります。また、サプリメントや食べ物から経口摂取するという方法もあります。ただしヒアルロンは熱に弱く、加熱することでその成分のほとんどが失われてしまうため、食事から摂取する場合には調理方法を工夫する必要があるでしょう。効率的に摂取するには、サプリメントを利用するのがおすすめです。