肌の状態に驚く女性
高い保湿力と水分保持力があり、乾燥肌対策のため化粧品などにもよく配合されているヒアルロン酸ですが、食品やサプリメントによって経口摂取することも可能です。

ヒアルロン酸は豚足や鶏の皮、手羽、ふかひれ、魚の目玉、海藻類などに多く含まれています。ただし熱に弱く、加熱処理によってその成分のほとんどが失われてしまうため、食品から十分な量を摂取するのは難しいでしょう。サプリメントであれば、この成分を効率的に摂取できるほか、セラミドやコラーゲン、ビタミンなどこの成分と一緒に摂取することでより高い効果の得られる成分が一緒に配合されているものもあるため、手軽に摂取するにはサプリメントを活用するのがおすすめです。

では、化粧品ではなくサプリメントによってヒアルロン酸を取り入れた場合の効果はどれほどなのでしょうか?

ヒアルロン酸はもともと人間の皮膚の内部の真皮と呼ばれる場所に存在しています。しかしこの成分は分子が大きいため、化粧品を肌に塗っても真皮にまで浸透することができません。しかし肌表面の角質層で水分を保持し、肌に潤いを与えるという効果はあります。一方サプリメント等で経口摂取しても、同じように分子の大きさから体内に吸収されにくく、効果は無いといわれていました。しかし、実際に経口摂取を続けたことによって体内でヒアルロン酸の生産量が増え、皮膚の水分量が増加したという研究報告もあるため、一定の効果は期待できるでしょう。さらにこの成分は関節の間に存在しクッションの役割も担っているため、美肌効果だけでなく膝の関節痛が軽減された、という報告もあります。最近では、分子を小さくすることで体内での吸収率を高めた低分子ヒアルロン酸というものも開発されています。

ヒアルロン酸は年齢とともにどんどん減少していきます。化粧品とともにサプリメントでヒアルロン酸を摂取することで身体の内外から成分を補い、肌全体の潤いを保持していきましょう。